10万円借りた時の返済総額について

10万円借入した場合の利息について考えてみましょう。

10万円を年率18%で30日間借入した時の利息は
10万円×18%÷365日×30日=1479円

10万円を1ヶ月借入したとすると、1479円の利息がつきます。
総返済額は10万円+1479円=10万1479円

ん?あんまり利息ってかからないんだね。っと思った人いませんか?

現実的に頑張れば一ヶ月で返済できる額だから、あんまり高いと 感じないのだと思います。1500円くらいかと軽くみていると 痛い目にあいます。

実質年率20%で借りた場合についてはこちらのページで解説しています。

返済回数 月々返済額 利息 総返済額
6 18000 5315 105135
12 10000 9018 109018
18 7000 13168 113168
24 5000 19429 119429
36 4000 25771 125771
47 3000 38781 138781

消費者金融の借入は10万借りた時の返済額と返済期間の関係でも最小返済額の話を 書いたのですが元金を減らしていかないと返済が長期化するんです。

住宅ローンやマイカーローンなど、長期的な借金返済に関しては金利が低く設定されているので 大丈夫なのですが、その感覚で、消費者金融を利用するのは危険です。

消費者金融は金利が高めに設定されているので、長期返済になればなるほど、返済総額が 多くなってきます。消費者金融の借入は出来る限り短期返済を心がける必要があります。

上記表を見て欲しいのですが、早く完済するために自分で何回で完済するかを あらかじめ設定して返済する事が大事です。

6回(半年)で返済しようと考えるなら月々18000円の返済で総返済額105135円となります。 最小返済額の3000円でもし返済したとすると残高は90000以上残っています。

返済の仕方については、月々の支払い可能額にもよるので、多く払えない場合もあるかもしれませんが、 もしその場合は、繰上げ返済を少しづつでもしていく事をおすすめします。

繰り上げ返済に対応していない消費者金融は存在しません。もっといえば一括返済にも対応しています。できるだけ早く返済する(元金を減らす)ことが賢く活用するためのコツといえます。完済するまでは繰上げ返済を頭の片隅に入れておきましょう。

10万円借りる方法

肝心の10万円をどこから借りるの?と指摘をうけました(汗) 消費者金融が良いのか銀行が良いのかなど追記していきましょう。総返済額は47回払いにすると上記で計算している通りかなりの利子が付きます。10万円を長期で返済するのは合理的ではないので長くても12回程度で返済するのがおすすめです。短期で返済を完了するなら借りる方法は消費者金融からであればどこでも問題はないです。1カ月で返済するなら

30日以内に10万円を返済するならアコム、プロミス等

消費者金融から10万円を借りることを選んだあなた。返済を30日以内に完了させる自信があるならアコム、プロミス等がおすすめです。条件付きではありますが30日以内に無利息で借入が出来るサービスが付いています。初めての方限定などの条件がついてきますが上記の計算だと9千円程度浮くことになります。これはつかわないともったいない。金利の差だけを追えば消費者金融よりも金利が低い三井住友銀行やバンクイック等がおすすめですが、即返済を目指す一過性のキャッシングであれば是非。

無職は10万円どころか1銭も借りれない

あたりまえですが、「無職でも10万円借りることはできますか?」という質問が多かったので回答しておきますが無職は10万円どころか1銭も借りることはできません。安定収入があることが大前提ですが年収50~100万程度の低所得の人であれば審査次第で10万円は通る(他社に既に借金がある場合等は不可になるケースは多い)と思います。