年収によって借りることができる金額は変ってくる

安定した収入があることが、消費者金融において借入ができる 最も重要な条件です。とはいえ、パートで働いている年収約100万円の主婦と、 フルタイムで働いている年収約300万円の会社員とで、 借入ができる金額を比べたなら、同じだけ借りることができるわけではありません。
年収に対してどれくらいまでの借入が可能という枠組みが、法律によって明確に定められていて、これが総量規制と呼ばれるものです。

年収の三分の一までに貸付を制限するという決まりで、

  • 年収100万円であれば33万円まで
  • 年収300万円であれば100万円まで

という具合に、それぞれの年収に応じて借りることができる金額が変わる決まりです。

以前はこういった明確な規制は存在せず、貸付を行う金融業者のそれぞれの判断に委ねられていたのですが、返済能力に見合わない借入から、複数社においての借入となり返済に窮する、いわゆる多重債務者と呼ばれる方たちをこれ以上増やさないようにという目的で、このような規制が生まれました。

ちなみにこの規制は、貸金業法における規制なので、銀行カードローンでは対象外となるので注意が必要です。

総量規制があることの意味

返済も含めて、支払いできる金額(支出)は、それぞれの入ってくるお金(収入)によって違いがあることはいうまでもありません。こう考えると以前はこういった規制がなかったことは信じがたい事実です。

この規制があることで、利用者が借り過ぎてしまう危険性をある程度抑えることが出来るので、借入利用者を守ってくれる規制であるという側面もあるわけです。

また、審査時にはこれまでの借入履歴や返済状況、他社の借入額など、複数の項目を吟味することで融資可能であるかを判断するわけですが、総量規制という明確な枠組みがあ ることで、審査そのものを簡略化でき、迅速な審査にも一役買っています。

大きな金額を借入れたい場合には障壁に

上記のようなメリットとは表裏一体ともいえますが、裏を返せば年収の三分の一を超えるような金額を借入れたいときには、この総量規制が障壁となってきます。

しかし返済能力を考慮した上での規制とはいえ、例外ともいえる事態もあるものです。 そこで総量規制の例外とされる借入があり、

  • 借り換えローン
  • 配偶者の同意を得た借入
  • 医療費や事故などのための借入
  • 個人事業主の事業資金としての借入など

これらの利用者にとって有利となる要素をもった借入れは、総量規制の例外とされています。