主婦はお金を借りる事は可能?

主婦でもお金を消費者金融から借りることは可能か?この疑問はいつの時代もというと大袈裟ですが、主婦ではじめての借り入れをする方にとってはとても気になることですね。
といいますか、主婦で借りれるの?という疑問を出させる時点で結構な差別よね。とか結構思ったりしますよね。これに関してはすごく気持ちがわかるんですが、主婦で借りるは2種類ありますから消して憤慨しないでくださいね。では借りれる場合と借りれない場合を解説していきましょう。

借りれる主婦はこんな方

主婦の方で夫と共働きでパートでもなんでもいいのですが安定収入がある方であれば貸してくれることが可能です。気兼ねなくキャッシング会社を比較して選んでしまって問題ないです。

もちろん、収入によって借り入れが可能な金額は変ってきます。
5万円、10万円などの小口融資であれば、ほとんどの場合借り入れが可能です。
収入が多ければそれに見合った限度額まで借り入れが可能ですが、
それでも最初は多くても50万円までと考えたほうがよいでしょう。

借りれない方はこんな方

もうお分かりかもしれませんが、仕事をしていない主婦の方。つまり専業主婦の方です。基本的には借り入れはできません。
ただ、稀にOKなところもあります。大手でも稀にいますがあれは本当にいいのかどうか少し疑問ではありますが。。。

基本は収入がないと返済ができないですよね。夫の収入証明を出し貸すならわかりますが、収入証明なしでもOKというところに少し違和感がある場合があります。

とにかくパートをしていれば別段変な制限はありませんよ。というお話でした。

主婦が借りれるカードローン会社は銀行のみ?

主婦が借入れできるのは総量規制対象外という商品でなければならないという話を耳にしたことはありますか?銀行のカードローン会社のウェブサイトをみると主婦でもOKですという文言があったりします。消費者金融でも借入は可能なので厳密にいうと間違いなのですが、なぜ銀行のカードローンを主婦に薦めることが多いのでしょうか。これは、専業主婦と主婦の混合だと思います。

専業とそうでない主婦の方の違いはなんでしょう。確率からいうとその人個人に「収入がない」という1点につきます。専業でないということはパートなり、共働きなり働いている可能性がありますよね。消費者金融の縛りとしては個人の収入が絶対条件になるので専業主婦は借入れが不可となりますが銀行は借りれる場合があるのです。カードローンをする人の目的の一つとして、生活費が底をつくだとか、収入が一時的に少なくなり厳しいとか緊急事態に借りることは誰しもあるはずで、法律の違いで銀行法の場合は夫の収入だとかで審査次第ではあるのですが申込自体は可能です。とはいっても、安定収入がある主婦の方とそうでない方を比較した場合は限度額低いでしょうし審査落ちする可能性が高いのは否めませんが。