10万借りた時の返済額と返済期間の関係

10万円借入した時に月々にどのくらい返済したら、どれくらいの期間で完済できるか をわかりやすく説明します。

あらかじめ、自身が毎月支払いできる額で返済していくと、 完済までどれくらいの期間がかかるか 知っておきましょう。

知らずに支払っていくと、返済が長期化する原因となるので必ずチェックを!!!

下記表は10万円を借入したときの 月々返済額によって、返済回数、利息、総返済額がどのように変化するかを表した表です。 (レイクのシミュレーションツールを利用した計算結果を使っています。)

月々返済額 返済回数 利息 総返済額
3000 47 38781 138781
4000 32 25771 125771
5000 24 19429 119429
6000 20 15666 115666
7000 17 13168 113168
8000 14 11383 111383
9000 13 10059 110059
10000 11 9018 109018
110000 10 8195 108195

表から、月々の返済額が少なくなるのいつれて、返済回数、 利息が多くなることがわかります。

最低返済額が設定されている消費者金融の場合、最低返済額を毎月支払っていくわけです。 上記表で言うと3000円が最低返済額ですので、47回で完済になると言う事です。約4年で完済…。

10万円を借入して4年後に完済する計算で38000円利息がついています。 消費者金融の賢い活用法でも短期返済について書きましたが、、 月々の返済額を増やせば、元金に充当される分が多くなので 返済期間が短くなり、返済総額も少なくなります。出来る限り多めに支払う事がとても大事です。

上記の表から月々3000円の返済の場合47回で完済だったのが、 月々10000円返済できれば、11回(約1年)で完済できます。

同じ額借入しても月々の返済額の違いによって返済期間が4倍になります。 返済計画を立てるときにどれくらいの金額を返済できるかを上記の表を作るなどして 考えると、完済までの道のりが明確になるのでとても役立ちます。