消費者金融のメリットとデメリット

消費者金融のメリットとデメリットについて書いてみたいと思います。 メリットとデメリットですが、人によって感じ方が違うのでもしかすると、メリットとして 挙げた内容が、デメリットと感じてしまう方もいるかもしれませんが、 当サイトでの考えでメリット・デメリットについて書いていきます。

消費者金融を使うメリット

  • 融資スピード
  • 比較的借入しやすい
  • 利便性が良い
  • 無担保・保証人不要

無担保・保証人不要で比較的借入しやすいのが特徴ですね。 また、融資のスピードが早いのも大きなメリットです。 お金が緊急で必要な方も多かったりするので 融資までのスピードはとても重要な要素です。

基本的には銀行で借りれなかった方、 もしくは、今すぐ融資してほしい時などのように、 銀行では審査などに時間がかかって間に合わない 状況でも利用できる事はメリットとなります。

消費者金融を利用するデメリット

  • 金利が高め
  • 返済が長期化する場合も
  • 計画的に返済しないと元金が減らない事も
  • イメージがあまりよくない
  • 住宅ローン審査などに影響がある場合も

無担保・無保証なので、当たり前ですが、回収不能になるリスクが あるので、金利は高めに設定されています。

また、メリットと感じる方もいる内容なのですが、最小支払額が設定されて いたりします。この最小支払額は元金と利息がを足して毎月この額だけは支払ってね! という設定額なのですが、低く設定されているため、元金の減り方が緩やかになります。 ということは、返済が長期になる可能性があるので、結果的に返済総額が多くなったり します。 これはお金があまりない時にはメリットになるのですが、すこし余裕がある場合などは 長期化する可能性があるので、デメリットとなるのです。

そして住宅ローン審査や自動車ローン審査などへの影響ですが、消費者金融の利用履歴は審査の際に照会されます、借り入れがある場合はもちろん、実際には借り入れをしておらず契約しているだけでも、限度額まではいつでも借りられる状態なので、借り入れがあるのと同じ扱いとなってしまいます。

また申し込みを行っただけでもその履歴は6ヶ月間残ることになっているため審査に影響を与える場合があります。必ずしも影響があるとはいえませんが、影響がないとはいえないので、これから住宅ローンの利用予定がある方の場合は、できるだけ消費者金融での借り入れや申し込みを行わないほうが賢明です。

消費者金融は上記の様にメリットとデメリットがありますが、 メリット、デメリットをあらかじめ知っていくことで対処が可能です。